<< w-inds.と過ごすこの日常が私のID | main | 会報&スウェット届いたよ〜!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
台湾Journeyお疲れ様でした。


「あ、もしもし?俺だけど…。え?あ、うん…
今、台湾着いたんだけどさ〜、お前の声が聞きたくなっちゃって…。」






なんてね!!
イマジネーション駆使していただけましたか?(笑)
w-inds.が台湾行っちゃって、騒がれてて嬉しい反面ちょっとヤキモチ焼いちゃった私です(爆)
「私もそうだよ〜!」なアナタ!!
これで少しは気を紛らわせて下さい(オイ)
あ!ちなみにこの絵はVISIONさんで描かせていただきました!!
あそこどんどんレベル高っかくなってるので、ほんと恐れ多いです(ヒョエームニョムニョ
っていうか、私の最大限の精一杯のリアルでさえ恐れ多いのに…これじゃ、もう普通の絵VISIONで描けねぇ…orz デフォルメもかけねぇ…orz
もうすでに私も周りの雰囲気もリアルしか描けない状況なのに、リアルってむっちゃくちゃ体力と精神力使うから、めったに描けない…。
でもいっぱい描きたい。そんなParadox抱えてる。
ふー。だってさ、今までVISIONでリアルしか描いてなくてさ、そんでいきなり漫画チックな絵とか、びびるよね。
ここ見てくれてる人なら良いけどさ、VISIONでしか私を知らない人「誰!?」って感じじゃん…。
楽しみにしてます♪ってせっかく言ってくれてる人いるのに、とんだ期待はずれもいいとこだよね…。
まるで自殺行為どうせ〜散り逝くな〜ら〜トラァイ〜♪

いっそ散り逝こうか(笑)

さてさて、世間ではw-inds.が賑わってますね!
朝から色んな情報番組で彼らの報道を聞き、色んなスポーツ新聞に大きく「w-inds.」と書かれてありました。
w-inds.が報道されるのは嬉しいけど、やっぱ日本で活躍して欲しいな…。
いつも海外に言って、その度に日本で注目されるw-inds.を見てると…日本でやってもこれだけ注目されたらなって思います。
まぁw-inds.があっちでファンサいいのは毎度のことですが、w-inds.もあの熱い気持ちに答えてやろうとのことですよね!
でも海外のファンの方達を熱狂熱狂と言ってますが、日本にも熱狂はかなりいますよ〜〜!
ただ日本の方は、シャイで分別わきまえてるだけです。内に秘めてるものはかなりのもんだてれちゃう
まぁ、ぶっちゃけw-inds.も向こうのファンがやりすぎて引くところもあると思いますけどね。
それを建前上良いように言うと「熱狂」っていう言葉になっちゃうんでしょうね。
そういう部分、あるような気がしますたらーっ

w-inds.が活躍してくれるのは嬉しいけど、心からそれを喜べない…ファン心理と乙女心は複雑ですww

にしても2時っチャオ!の男のコメンテーターの方が、このニュースの時に
「いい体してますね」
って…(笑)
思わず吹いたわww
その他メディア | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
コメント
ぎゃーーー!!
橘慶太サンが・・・・橘慶太サンが・・・電話している・・・?私に。。。?→お前じゃねーよww
かおりんさんのステキすぎるリアル画でイマジネーション駆使しちゃいましたww

11月10、11日はw-inds.さん、台湾でJourneyだったんだよね。あぁ・・・Journeyが懐かしいよ。台湾でのSHOWは日本公演と変わってないのかな?日本にいるのにそわそわしちゃったよ。早くDVDがほしいです。

私もw-inds.は日本で活躍してくれるほうがいいな・・。
でも『世界中に届く風』であってほしい・・・。複雑ですねwww
| 陽菜 | 2007/11/13 10:31 PM |

いやあああああかっこいいいいいい

こんな姿で電話されたらもう
メロメロですね!かおりんさん相変わらず
絵が上手すぎます!!!!
毎度楽しみにしてます!
わたしもそんな絵が描けるようになりたいです;
| 穂波 | 2007/11/14 8:58 PM |
>>陽菜サン
あ!イマジネーション駆使してくれましたか?!
や〜、こんな慶太さんでしたら、煮るなり焼くなりお好きな妄想で楽しんでください〜♪←オイ

ほんと、早くDVD出て欲しいですよね〜。私はDVDが出るまでそわそわしちゃいそうです(笑)

>>穂波サン
楽しみにしてますとか、お絵かきさんにとって素晴らしく嬉しいお言葉ありがとうございます!!
こうやって言って頂けるから、次もまた描こう!って気持ちが生まれるんです!
次回も頑張ります!!
| かおりん☆ | 2007/11/20 9:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pw-kaorinn.jugem.jp/trackback/168
トラックバック