スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
FLY HIGH 握手会品川ステラボール
あのRain Is Fall'nのリリースイベントから早3年!!
再びw-inds.と握手という機会が私にも与えられる事になりました。

しかし、3年か…。握手したのがこの間のように感じられるんだけど…もう3年。早いのか遅いのか。
あの頃の自分とは周りの環境もだいぶ変わったような気もするけど、君を思う気持ちは変わらないよー♪ってなわけで行って来ましたリリースイベント&握手会

幸運にもこの日のイベントが周りの友達含め当選していたので、イベント終わり次第お友達と合流〜。

番号わざわざ私に合わせてくれて一緒にイベント見てくれたこりんちゃんは次の貪欲な予定のため、握手前に別れ、今回握手初めてだというゆきちゃんと一緒に並んで握手することに。

普段落ち着いている雰囲気のゆきちゃんが「どうしよう」って緊張しているのを見て、初めての時は自分もこんな風にめちゃめちゃ緊張したもんだと懐かしい目で見て、握手とハイタッチしてる自分は、初めてのゆきちゃんが隣にいるだろうし、緊張なんてそんなにしないだろうと思って、いざ握手の列に並ぼうとしたら一気に緊張が襲ってきて…!!
「ちょ、ちょっと待って!」と列並ぶのに待ったをかける始末(笑)
深呼吸と脳内シュミレーションを何回か行って落ち着かせた後、ようやく列に並ぶ。
しかし、今回握手自体が超高速なのか、列進むの早い早い(汗
初めてのゆきちゃんと一緒に2人してテンパってしまった。
しかし、一応経験者の私としては説明をと思い、前回のステラでの3人の立ち位置をレクチャーして、「ここ曲がって、つい立の向こうにもう居るからね〜。」とアネキ風吹かせたら、ゆきちゃんが
「順番、龍から!龍からだよ!」
っておーーーい!
前回と立ってる場所違うやんけ!!反対に並んでる!ってことは…ってことは今回龍一君からかよーーー!!
また脳内シュミレーション役に立たずorz
とにかくすぐに言いたいことを頭の中でチェック!!

先に行かせたゆきちゃんと龍一君がいい感じに話してるのを横目にいざ!自分も!!

私「ぼっ、ぼうずも似合ってます」
龍「…っありがとう!!」

私「10年前からファンです」
慶「ありがとうございます」

私「ずっと大好きです」
涼「ありがとうございます」

だーーーー!!

ゆきちゃんと支えあいながら、とりあえず階段を下り、ぜぇはぁしてるとこにおねぇさんがチラシを渡してきて…こんな今w-inds.触りたてホヤホヤの手でチラシ掴みたくないよーー!!と指先でつまむようにもらって(笑)ロッカーのトコまで、必死に歩く!!しばらく呼吸が安定するまでお互い無言でただ立ち尽くしていたよ…。

2回目だし同じ会場なんだけど、やっぱ慣れるって事はなかったなぁ。さすがに前回のように嗚咽交じりの大号泣にはならなかったけど、体の内側から震えてしまうのは変わらなかった。

龍一君に何言うか迷ってて、坊主になってから最近夢に出てきたのがきっかけで坊主の龍一君が好きになってたので、今回これを言おうと決めたんだけど、いざ龍一君を目の前にして「ぼうず」という単語を発するハードルの高さに死ぬかと思うくらい緊張した!!実際一番緊張した!
とりあえず「ぼうず」しか言えずに引き離されたらどうしようかと思ったから言えてよかった(笑)
若干溜めて間をおいてありがとうって言ったのが、もう自分的にはドキドキで「うわ、やっぱぼうずとかいう単語発したのがまずかったか?!しまったー!早くなんか言ってくれ」とめっちゃ高速で色々考えて汗だらだらでした。
あとでゆきちゃんにも聞いたら、同じ感じだったみたいでほっとしたわ〜。思わせぶりなヒト。←自分が考えすぎだ。

慶太さんは、今までのファンサの良さから期待が大き過ぎたのかもしれないけど「あれ?アッサリ?普通だな」という印象。
「10年前からファン…」って言ったらちょっとだけでも「おおっ」って反応貰えると思った自分は期待しすぎだったのかなぁ。いつも背の高い慶太さんは目線の高さを合わせてくれたのに今回は同じだった。
長丁場だからかな?疲れてたのかな?ただの欲張りかもしれないけど、期待してた私にはちょっと物足りない握手でした。思いたくないけど、流れ作業…??って思ってしまった自分が嫌だ。

涼平君に、言うことは一つ!!愛の告白(笑)
実際握手のときには皆言う言葉で、別になんの面白みも特徴もない言葉だけど、伝えたいこと(っていうか言い放ちたいこと)ってこれしかないし、これ言えれば自分は満足だから。
ずっと目を合わせてくれて、優しく微笑みながら「ありがとうございます」って、最後引き離される感じで去っていく私を最後まで見てくれた涼平君!!嬉しい。
彼はいつも営業スマイルだけど、その営業スマイルが好きだからいいや〜〜〜。ホントに透けるようにキレイだった。

全体を通して…
前回の握手は、握手してちゃんとお辞儀もしてくれたんだけど、今回は握手会の性質上のせいなのか、お辞儀なしか会釈くらいの感じで、めっちゃ高速でした。
前回が恵まれてたのかもしれないけど、比べるものがある自分のわがままなのかもしれないけど、ちょっと残念でしたorz
結果特殊なことを言った龍一君の記憶が一番長く鮮明に残ってる事実(笑)
そして、握手の途中でゴワっとした質感があったような気がするんですが。
また慶太さんの毛を感じてしまったのかな。
でも前はふわぁあっとしてたのに、ゴワついてたよ?
気のせいかな。

川崎に行く予定なので、次回は今回の教訓を生かして
涼平君には特別なことを言って自分の記憶に焼き付ける
慶太さんの毛の質感を今一度確かめる
ことを実行したいと思いますww

しかし、握手って何度しても慣れるもんじゃないね。
大知君の時に緊張しながらもナチュラルに会話できたから自信あったんだけどなぁ。
慣れてしまった時が、ファンを辞めるときなのかもと何回目だろうとめちゃめちゃ緊張する自分を正当化してるかおりん☆でした。
その他イベント | comments(0) | trackbacks(0)
PREMIUM EVENT


やーーー!!

じゃないっすよ(笑)
ハイタッチ☆のポーズですww

行ってきました!!プレミアムイベント!!

最近、運がいいから当たると思わなかったのが正直なところ。

しかし、どこから出てくるのかその自信は!と何だか当たるような気がして(まぁ毎回だな)発表の日は朝からそわそわしてしょうがなかった。
前に当たった時は3時半くらいにメールが来たから、お昼休み終わった1時に
「あと3時間くらいか〜。それまで落ち着かないや〜。やだな〜。」
なんて思いながら、とりあえずやるべき仕事をこなしていたところ…
2時ごろにチカチカと携帯の着信の点滅が、視界の片隅に入ってくる。
メルマガか。でもチカチカしてるの気になるからとりあえず確認して削除しておこう。
と携帯開いたら
「当選」の2文字が!!
まさかこんなに早く、しかも当たってると思わなかったから、びっくりして思わず携帯閉じた!!
机に向かって気持ちの整理!!
「うわ!当たった!!当たったよ!どうしよう?お友達当たったかな?メールして確認したいけど、今メール送ったら当選メールかと思ってやきもきさせちゃうかな?どうしよう…。」

………

「ん?ちょっと待って!会場どこだ?!何時からだ?」
と今更そんなことを思い、再び携帯を開く。
「新木場か〜。お!開場時間前回より早いな。」
とそれだけ確認して、携帯閉じる。
「また友達にメール送ろうか…いや、ちょっと待てば当たったコからメールくるかも!待ってるか?!」


………


「ん?ちょっと待って!整理番号何番だ?!」
とやっとそんなことに気付いたのは、当選メールきてから30分くらい経った今(笑)

「…1041?…!!!違う!!41?!」
うごーーー!!なんじゃーーーこの番号!!二ケタ!!

興奮が高まって我慢できなくなって、トイレにダッシュ!!=3
トイレから思いの丈をメールにぶつけました!


もうそれからの3日間、気が高ぶってしまって、はしゃいでしまって、かなり落ち着きなくしっぱなしでした(爆)
「もしかしたら最前かもしれないこの番号」

今までファンになってからの夢の一つが
「最前列でライブを見ること」
なんです。(ファンなら誰しも抱いている夢だと思うけど)

おかげで前日はほとんど眠れなくて、うっかりオールナイトニッポン聞いてしまうし(ガチでオールナイトしちゃったよ)、当日は駅まで行って財布ないのに気付いて取りに戻るし…
友達に「浮かれてる」と言われて初めて自分が舞い上がってることを認識。
浮かれてる時って、浮かれてるから自分がどんな状況かわかんないんですね〜(笑)

そんなこんなで向かえた3月20日新木場STUDIO COAST!
前回グッズ売り場でゴタゴタしてた新木場だったので心配でしたが、今回はグッズの数が少ないからか、30分前に会場着いたのにすんなりグッズ買えたし、ファンで溢れかえってることもなかった。
ジャケットverのCDケースは売り切れてたので、涼平くんのだけ購入。ちょっと残念だったけど、あったら絶対買ってたと思うので節約できてよかったと思えば、結果良かったのかも!!←超ポジティブwww

番号が番号なので、入り口近くの前の方で呼ばれるのを待ちました。

…というか、こういうイベント経験すらそんなにないのに、更に前の方なんてまったくねぇよ恐いよどんなんだよコノヤロウ!って感じだったので(ドンナダ)、めっちゃ緊張したーー!!

初めの方はきっちり1番から呼び出されるんですね!!みんなの注目超浴びてた。
40番代は10番刻みだったので、半分流されるように並んで中入ったんですが…

中入ってからが壮絶!!

会場暗いのにみんな走る走る!!IDチェックと荷物検査でもたついてる私は既に出遅れる(汗
とりあえず前の方で「並んでください〜」って言ってたので、塊の後方に着く。
会場の後ろから入るようになってるんですが、階段のトコがやっぱ危ないのか(キレイだの階段ね)
係員が若干キレ気味に
「ここから階段ですよ?!危ないからっ!走らないで!走らないでっ!!」と怒鳴る怒鳴る!!
緊張してる私は更にビビルビビル!!
私が階段に差し掛かるところで
「はい!ここからいったんストップしましょう!」と別の係員に手を出されてゆっくり渡る。
そこで、ビビってた私は思わず係員の足踏んでしまって「ごめんなさいぃい!」と言っただけなのに、よほど気が張ってるのか係員は「まだ行っちゃダメですって!」と何故か怒鳴られ更にビビる私。
ふと目の前の集団へ目をやると、柵で入り口が狭まってるところで誰かが転んだのか将棋倒しになってる!!
それでも前へ行こうと立ち上がって走る人後ろからよけるように走る人で、めちゃめちゃ地獄絵図でした(死)
ある意味係員に止められて良かったわ…。恐っ。
私が前にたどり着いた時には、もう最前は埋まってて、真ん中の2列目も埋まってたので、涼平くん側の2列目に収まりました。
最前の夢…敗れたりorz
41番じゃ無理だったのかな。まぁその前にもっとハート強くしとかなきゃいけなかったですね(汗

待ってる間も前の方はかなりぎゅうぎゅうで、始まるまで後ろで二人倒れてました(汗
あんな近くでリアルにふらついてる人を見るのは初めてだったのでちょっとびっくりでした。
でも、せっかく番号良いのに、あと少しでw-inds.出てくるのに…後ろで見なきゃいけない決断するのは悔しいだろうな〜。まぁ、無理して本番で倒れてイベントの迷惑になってしまうからしょうがないんだけど。
自分も睡眠とかしっかり取って参戦しなきゃいけないなと反省しました(笑)明日はわが身!!

ここから本編レポ行きます→→

ライブレポ

↑ 初めて外部リンクでレポページ作ってみました。
つっても難しいですね(汗
いつもライブレポ前後を私事情報盛り込んで書いてるせいか、ただ単にライブのレポしたとこだけを別のページにしただけになってしまった!!
相変わらず長たらしいですが(というか既にこのページで長たらしい)よろしければどうぞ!!

続きを読む >>
その他イベント | comments(1) | trackbacks(0)
慶太さん初連ドラ!!
慶太さんが観月ありささん主演のTBSの金曜日のドラマ「おひとりさま」に出演が決まりましたね~!!
いきなりvisionのメールで知ったのでびっくりでした。

いつかこんな日が来るとは思っていたけど……………ここでか。

まぁね、本人が出演してればドラマの主題歌だってすんなり決まるだろうし、もっと言っちゃえば主演で主題歌だったら大分売り上げも違うと思うんだよね。
実際私が初めて〜4枚目くらいまで買ったCDって全部ドラマorアニメの主題歌だったし。
今回は初出演ということで、サブ的な役回りだろうけど、事務所的にはこの先主演のドラマをやる方向目指しているんだろうと思う。
w-inds.の曲が売れるためには必要なことだとは思う。
…思うけど。


正直私は素直に喜べない…な。

橘慶太としてソロデビューしてた時と同じような感じだけど、w-inds.の活動が疎かになりそうなのと、慶太さんってすごい無理してでも頑張っちゃう性格だから、ドラマのハードスケジュールで体調壊したりしないか心配だし…
何より私の良く知る、腰が低くてセクシーでかっこよくてでも笑顔が可愛くて一人だとたじたじのかみかみで…wwっていう慶太さんがどっかいっちゃいそうで恐い。
常に新しいものを見たいという願望はあるのだけれど、その変化が余りにも大きすぎて、w-inds.が変わってしまいそうで恐いんだよね。

ま、結局ソロ活動の時、w-inds.は変わらなかったんだし、そんなに心配することもないと思うんだけど、なんとなく胸に何かが引っかかった感じがして気になる。自分的に。


とにもかくにも、慶太さん!頑張って欲しいです!!
きっとドラマを見てる最中は世間の反応を気にして、なぜか私が恥ずかしがって、まともにドラマや演技の感想なんて言えないだろうな。ひーーー!恥ずかしい!!←オイ。


いい演技をしてもらいたいです。
慶太さんならやってくれますね!きっと。
それにしても………
役どころが「本当にやりたいことを見つけるため、フリーター生活の日々。ノリが良くて女性にモテる」



………


女性との絡みでまた慶太ファンの皆様が騒がないことを願います(苦笑)

TV出演 | comments(2) | trackbacks(0)
| 1/79PAGES | >>